セブンカードとプラスの違いって何?

家族

セブンカードとセブンカードプラスって何が違うの?

 

セブンカードには、セブンカードとセブンカードプラスと二種類のクレジットカードが存在します。

 

どちらのカードにしても、ブランドはJCBとVISAになります。

 

 

では、セブンカードとセブンカードプラスはどういった違いがあるのでしょうか?
違いについてご説明していきます。

 

 

セブンカードもセブンカードプラスも年会費は初年度無料になっています。

 

次年度からは、年間のクレジットカード利用料金が5万円以上になると、どちらのカードも無料になります。

 

 

ただし、年間費が必要になった場合セブンカードは500円、セブンカードプラスは1,000円となっており、年間費に関してはセブンカードが少し安いです。

 

 

セブンカードとセブンカードプラスの最大とも言える違いは、ポイントサービスです。

 

セブンカードのポイントはセブンカードポイントと言って、直接nanacoポイントにポイントが貯まるという訳ではなく、一旦セブンカードポイントとしてポイントが加算されて、nanacoポイントなどの提携先のポイントに交換して利用するという方法なので、セブン化―ドプラスのように直接nanacoポイントに貯まり、簡単にnanacoポイントから電子マネーに交換する事になり、一つ手間多くかかってしまう事です。

 

 

他の違いは、クレジットカードの色の違いです。

 

セブンカードはオレンジ色で、セブンカードプラスは紺色になっています。

 

色の違いを気にしている方は少ないので、あまり考慮の範囲にはならないとは思いますが、一応違いはあるという事で挙げておきます。

 

 

おすすめはセブンカード?セブンカードプラス?

 

大きくの違いはポイントがどういった形で貯まるのかという事なので、発行会社は同じ株式会社セブン・カードサービスになります。

 

どちらのカードも家族カードも作れる為、ご家族の為にクレジットカードを作ってあげるという事も可能です。

 

 

ポイントに関しては、使用頻度が高くなってくるごとに重要視する事だと思うので、セブンカードとセブンカードプラスのどちらがあなたにメリットがあるのかをよく考えて作ると良いでしょう。

 

 

おすすめとしては、セブンカードプラスの方ですね!
セブンカードプラスの方が、ポイントがnanacoポイントに貯まる為、電子マネーの交換が非常に早く、なによりもクレジットカード機能と電子マネーが使えるnanacoカードとして一人二役をこなしてくれるので、本当にコレ一枚さえあれば、現金でお買い物も出来るし、クレジットカードとしてもお買い物が出来るので、とっても便利になっています。

 

特にセブンイレブンでお買い物が多いという方にもすごくオススメです♪

セブンカード・プラスでnanacoポイントを貯めよう♪