nanacoポイントは公共料金に使える?

料理

買い物をしてnanacoポイントを貯めよう!

 

nanacoポイントはセブンイレブン・イトーヨーカドーの対象商品を購入した時に、100円=1ポイントとして、nanacoカードに貯まっていきます。

 

その貯まったnanacoポイントは1ポイント=1円として電子マネーに交換する事が出来る、お得満載のカードになっています。

 

 

ですが、全ての商品に対してnanacoポイント対象かと言えばそうではありません。

 

中には“nanacoポイント対象外”の商品というものもあります。

 

お弁当やお菓子などの食品はnanacoポイント対象ですが下の一覧のように一部対象外があるからです。

 

 

インターネットショッピング・公共交通料金の代理受領、切手、ハガキ、印紙、クオカード、テレホンカード、ビール券・酒クーポン券・アイチューンズカード、プリペイド携帯カード、タバコ、映画・前売り券、地域指定ゴミ袋、ゴミ処理券・スキーリフト券など…

 

以上の商品を購入してもnanacoポイント対象にはなりません。

 

ですが、nanacoカードが使えないか?と言われれば、そうでもありません。

 

 

nanacoポイント対象ではないけれど、nanacoカードに入っている電子マネーを使用する事が出来るものがあります。

 

 

nanacoポイントで公共料金の節約を!

 

nanacoの電子マネーを使用しても良いものの中に“公共料金やネット通販の支払い(収納代行)”が含まれています。

 

ですので、nanacoポイントを電子マネーに交換すれば公共料金を支払うという事が出来ます。

 

 

つまりは、結果的に“貯めたnanacoポイントでも公共料金が支払える”という事になる訳ですね!

 

普段の食事やお菓子を購入する事も出来ますが、1か月に使用する公共料金を節約する為にnanacoポイントを貯めるという方法も良いと思います。

 

これに関しては絶対に「知らないと損!」と言える情報ですね☆

 

ただし、タバコや商品券などはnanacoで支払いが出来ないので注意してください!

 

上手にnanacoカードを使用すれば、毎日の生活をより良くお得に過ごす事が出来るので、お財布に1枚nanacoカードを入れておいて良いですね。

 

 

年会費などもいらずに簡単に電子マネーを利用する事が出来るので、ちょっとセブンイレブンまでお買い物に…という場合でも手には一枚nanacoカードを持っておけばお買い物が出来てしまうので、とっても楽ちんです。

 

 

しかも、nanacoカードで公共料金も支払えると思ったら、nanacoポイントを貯めるのもとても楽しくなってきますね!
nanacoポイントが利用出来る幅がグっと広くなる事間違いなしです。

 

セブンカード・プラスでnanacoポイントを貯めよう♪